1. トップページ
  2. お手入れ方法トップ
  3. ステンレスのお手入れ方法
ステンレス製品のお手入れ方法
ステンレス製の調理器具は、お手入れをすることにより大変長持ちする調理器具です。上手な使い方やお手入れ方法については商品に添付されている取扱説明書をお読みください。
ここでは基本的なお手入れ方法についてご紹介します。


  • ご使用後は鍋の中に料理を残したままにせず、早めに洗うようにしてください。
  • 塩分や油脂分は台所用洗剤できれいに洗い落とし、水気をふきとって下さい。
  • 煮こげ、焼きこげは台所用洗剤をとかした水、又はお湯にひたしてやわらかくなってから、 スポンジ又はステンレスたわしでこすりとって下さい。(必要があれば、目の細かいクレンザーをお使い下さい)
  • 鉄やアルミ等の異種金属製品と接触させたまま長期間放置しないようにして下さい。また、塩分や酸性のものも付着したままにしないようにしてください。両方とも錆が発生する原因となります。
  • 湯沸かしやなべ等をうっかり空だきして茶色に変色した場合には、ステンレスたわしにクレンザーをつけてこすり落とし、十分水洗いして下さい。
  • さびが発生した場合には、スポンジ又はステンレスたわしに台所用洗剤かクレンザーをつけて、 製品表面の筋目(研磨目)にそってこすり落とし、十分水洗いして下さい。

【ステンレスが錆びる原因】
異種金属の付着
ステンレスの表面に鉄やアルミなどの粉末が付着したまま放置されるとそれらの異種金属が腐食を起こし、これに湿気が加わって固着し、まるでステンレス自体のさびのようになることがあります、いわゆる“もらいさび”です。 したがって、ステンレス製品は鉄製の包丁、たわし、フライパンなどと接触した状態で放置したり、保管しないようにして下さい。
塩分の付着
ステンレスは鉄やアルミなどより塩分に対する耐食性にすぐれていますが、それでもステンレス表面に付着したまま放置するとその部分がさびることがあります。 したがってステンレスなべに塩分の強い料理を入れたまま放置したり、ステンレス流し台にしょうゆや味噌などが付着したまま放置しないようにしてください。
その他の付着物
ステンレス製品に、油脂類(食用油、バター、マヨネーズなど)や、煮こげ、焼けこげなどが付着したままで放置するとさびを誘発することがあります。 使用後は、なるべく早く洗浄するようにして下さい。

「日本金属ハウスウェア工業組合」様より情報提供いただきました。
他にも役立つ情報が掲載されています、ぜひご覧ください。


このページのトップへ